トップページ > 波照間酒造所

波照間酒造所 ハテルマシュゾウジョ(八重山地区)

酒造所名: 波照間酒造所
住所: 沖縄県竹富町字波照間156
電話: 0980-85-8332
FAX: -
創業年: 1952年
施設見学: 不可
施設: 製造工場
お取り寄せ: 不可

酒造所の理念

お客様に末永く飲まれる泡盛を目指し、水は微妙に塩分を含んだ波照間島の地下水を使うなど原料選びにも気を配り、手作業でごく少量を生産しています。「評価はお客様が決めるもの」とコンクールなどには一切出品せず、少人数で酒造所を切り盛りしながら、ただひたすら純朴に泡盛造りを続けています。

酒造所のこだわり

石垣島から南へ約40kmの波照間島にある日本最南端の酒造所は、1953年に島民の共同事業として創業。唯一の銘柄「泡波」は、島の個性を表す特徴深い泡盛としてその名を知られています。家族中心の手作業による酒造りは、創業者の製法を受け継ぎながら改良を重ね、島の気候風土や時代に合わせた味を追求しています。いつしか味が評判を呼び「幻の酒」として島民でも入手困難になってしまいましたが、それは製造量が極めて少ないことが原因です。希少性を求めて高値で買うのではなく、日本最南端の風土を醸す純朴な酒として波照間島に来た際にじっくり味わいってほしいというのが、酒造所の願いです。

主要な銘柄

  • 泡波

    昔は粟を使って泡盛づくりをしていたことから「泡」の字を。波は波照間の波からとりました

取り扱い商品一覧

商品登録数:5点

泡波(一般酒 30度 600ml)

- 円(消費税込)

泡波(一般酒 30度 100ml)

- 円(消費税込)

泡波(一般酒 30度 360ml)

- 円(消費税込)

泡波(一般酒 30度 1800ml)

- 円(消費税込)

泡波(一般酒 30度 4500ml)

- 円(消費税込)

重要なお知らせ

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト 携帯サイトの使い方はこちら