トップページ > インフォメーション » 【泡盛の女王レポート】 京都泡盛同好会 10月21日

インフォメーション

【泡盛の女王レポート】 京都泡盛同好会 10月21日

秋晴れの好天に恵まれ、木々の葉が緑からだんだん赤く色づく季節になりました。

10月21日(水)京都全日空ホテルで開催されました「第8回京都泡盛同好会」に参加させていただきました。毎年行われる泡盛同好会とありまして、今年も 250名余りのお客様がお越しになりました。「沖縄大好き!京都大好き!泡盛大好き!の人たちの集まり」ということで、京都・大阪在住の沖縄出身の方も大勢いらっしゃって、始まる前から受付付近ではたくさんの人で溢れかえるほどでした。

余興では、美しい紅型の衣装を身に纏い、繊細な動きで優美に踊る琉球舞踊や沖縄の風景を思い出させてくれる島唄、テーブルに広がる料理はもちろん、沖縄の食材を使ったチャンプルーからお肉料理まで、泡盛とともにやさしい味をじっくりと楽しんでいただける沖縄料理がきれいに並んでいました。自然と沖縄と京都の交流をより深められるような、そんな笑顔あふれる素敵な会になりました。

一つ一つのテーブルへとご挨拶に回ると、奥ゆかしく京都らしいお人柄の方が多く、とても上品で、おしとやかなイメージそのもの。泡盛の歴史を興味深そうにうなずきながらお聞きになりました。また、くつろぎながら泡盛を入れたグラスを片手に踊り楽しむ方もいらっしゃって、和やかな雰囲気に包まれたまま後半は皆様が楽しみにしていましたカチャーシーで賑やかに終えました。

もともと泡盛同好会の会長だった門川氏が京都市長になられたお話を伺い、京都のさらなる活性化・発展に、「泡盛」も皆様の笑顔の源として貢献しているのだと感じることができました。と同時に、京都泡盛同好会の皆様の幅広い活動にとても感銘を受けました。

京都の大切な財産ともいえる歴史や文化。今も変わらぬ思いで守り継がれている「守るということの大切さ」。泡盛の女王もこうして泡盛の大切な歴史に携わっている以上、変わらぬ味を皆様に届け、泡盛の良さを伝えながら、これからも飲み継がれてほしいと心から願っております。

京都泡盛同好会の皆様、本当にありがとうございました!

2009年泡盛の女王 上江洲千賀子(09.12.3)

2009/12/03 by awamori-db
重要なお知らせ

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト