トップページ > インフォメーション » 【泡盛の女王レポート】土佐泡盛同好会 10月6日

インフォメーション

【泡盛の女王レポート】土佐泡盛同好会 10月6日

「土佐泡盛同好会」に参加して

10月6日秋とは名のみ、日差しはまだまだ厳しい中、活気溢れる泡盛同好会へ参加しました。
幕末の英雄坂本龍馬でお馴染みの高知県は凄い!!さすが全国でも熱い土地だけに、泡盛業界にもパワーを与えてくれるような宴でした。

高知新阪急ホテルにて行われた四回目の土佐泡盛同好会はとにかくパワフル。
ユーモアな会長に大奮闘してくれた事務局の方々もお出迎えから楽しそうで、私も何だかワクワクでした。
会場入口で皆様をお迎えしていると女性の入客が多く見受けられました。
そんな女性客を見つめる私に、「高知は女性も酒強いよ~」と土佐の会長はにこやか。

定刻になり会が幕を開けると、うちなー民謡や泡盛が当たる抽選会など、参加者が楽しんで頂けるような内容で盛り沢山でした。
泡盛の試飲はもちろん、お好みの泡盛が見つけられるように多数のメーカーが出店しました。

乾杯やスピーチが終わり皆様と懇談していると、沖縄から嫁いだという方に会いました。
「沖縄が恋しいと思えばここに来ればいい。土佐泡盛会が私の沖縄なの」と素敵なコメント。
「○○食堂の天ぷら美味しいさー」とうちなー口を真似て話す方など、沖縄大好き人間がたくさんいらっしゃいました。

全国各地に出張へ行かせて頂きますが、泡盛会参加者との出逢いを重ねる度に、皆様心底沖縄が好きなんだなと肌で感じます。そして新たな「沖縄」や「泡盛」を学ぶことができます。
この会はただ泡盛を味わうだけでなく、人と人を繋ぐ出逢いの場でもあります。
泡盛を通して沖縄の歴史や文化を知る機会です。独特の文化をもつ沖縄で育まれた『琉球泡盛』、私たちの誇りです。沖縄に魅了される人は泡盛も好きになる!! これが泡盛会の魅力だと思います。
皆様の周りに沖縄や泡盛に興味をお持ちの方がいましたら、次回は是非ご一緒に足を運んで頂きたいと思います。

土佐の皆様は陽気な方ばかりで、楽しい時間を共にすることができました。
私たちは『泡盛』で島を元気にしていきます。
今熱き土佐で更に泡盛ファンを増やし、また来年はこれまで以上にパワーアップした土佐泡盛同好会であってほしいと願います。
泡盛会をきっかけに、土佐から泡盛を発進して下さい、ゆたしくうにげーさびらっ。

日頃より琉球泡盛を御愛飲頂き厚く御礼申し上げると同時に、皆様の御多幸を祈念致します。

2010年 泡盛の女王 新垣 緑 (2010/11/23)

2010/12/20 by awamori-db

よくある質問

オンラインショッピング

泡盛百科 携帯サイト